ものさしノート

2LDK(50㎡)の賃貸マンションで子育て中の転勤族。理想は「半日で引っ越し準備完了」のシンプルライフ。

2014年11月

こんにちは、中島由佳です。 

MH900431223

自分の中で、あんまり好きじゃない癖・・・それは「先送り」 

予約をとらなくちゃいけないのに、ギリギリまでやらなかったり
申し込み期限ぎりぎりまでやらなかったり・・・
すぐにできることも引き延ばしちゃったり・・・

すぐに申し込めば良かったのに、先送りのせいで
キャンセル待ちになったり

予約自体とれなくてあきらめたり
返事をせかされたり・・・・。

先送りして得なことはひとつもないのに、「今度でいいや!」って思っちゃう。
 

さっさとやって、よかった
すぐにとりかかったから得した

そんな経験が増えれば増えるほど
さっさとやる癖がつくような気がします。

そのためには、得してもしなくてもやらないと!
やってしまえばどうってことなかったことって、結構ある。

筋トレみたいなもんだと思って、自分を鍛えていこうと思います。 

こんにちは、中島由佳です。

突然ですが
「整理」と「収納」のちがい、説明できますか??

シンプルに暮らす整理術―毎日をもっと素敵に!/クニエダ ヤスエ
¥1,470
Amazon.co.jp

によると

(抜粋ここから) 
整理とは、ものをどの場所に置くことが
ものにとって、私にとって(みんなにとって)
便利で快適なのかを決めること。

ものには、あるべき場所がちゃんとあるはずです。

収納とは、ちょっとした日々の手間を惜しまず、
ものにとって、私にとって(みんなにとって)
気持ちのいい場所に戻すこと。

その繰り返しをきちんとすることなのだと思います

(抜粋おわり)

そうだよなーと納得したのが
ものにとって、私にとって(みんなにとって)
というところ。

家族で暮らしているのに、自分だけで決めちゃってること
「これは、ココに置いた方が便利かもしれない」なんて
ちょいちょい場所を変えてしまうこと・・・・
家族にやさしくない「整理」かも?と、反省しました。

わたしの旦那さんは行動をみていると
「もとの場所に戻す」を忘れているときが多いです。
それも、収納場所をちょいちょい変えてしまうことが原因のひとつなんだろうな・・・。

場所の問題ではなく「もとの場所に戻す」が習慣化していないタイプの方は
キッチンタイマーで10分をセットして
「お片付けだけに集中する」ことで
おどろくほど家の中がすっきりしたり、片付けることがストレス解消になるので
「もとの場所に戻す」が、苦手な人は「10分集中お片付け」もおすすめです。

こんにちは、中島由佳です。

久しぶりに読み返した本について





ライフオーガナイザーは、もともと
アメリカの「プロフェッショナルオーガナイザー」の日本版の職業。

そのプロフェッショナルオーガナイザーとは、どういう仕事なのか、を
著者の大塚さんが取材の拠点をアメリカに移すことをきっかけに、
モノを手放す過程と一緒に、紹介しています。

一番心に残った部分はこのふたつ

「古くなった枝をカットしてやらないと、新しい枝は出てこない。
それは、人間もそれまで抱えてきた人生の
しがらみを捨てないと(レット・ゴーしないと)
まえに向かって生きることはできないのと同じよ」


「私たちはみな、心の中にそれぞれの季節を持っていると思う。
私はいま、春よ。長い眠りから覚めたあとの。
とても生き生きとした時期。
ものを手放す恐怖感を乗り越え、ほんとうに大切なものだけしか
持たない自由な生活を楽しんでいるところ」


わたしの季節もやっと春になったと思いました。

両親をそれぞれ病気で亡くしたこと
心の病になって、すべてが止まったままの時期を過ごしたこと
別れを経験したこと
「このままではいけない、わたしは変わりたい」と決心したこと
自分の抱えていた問題とむきあったこと
モノを手放すのと同時に、自分の人生を整理したこと

ひとつでも欠けていたらいまの自分はいないし
「いまのわたしの季節は春」と言えなかっただろう。
MH900448380
そう思います。

もしも誰かの季節が冬で、、重い荷物を抱えていたとして
わたしの助けを必要としてくれるならば
そのひとが春を迎えるお手伝いをしたい
と、強く思うこのごろです。

こんにちは、中島由佳です。

ライフオーガナイズ協会2010年カンファレスでの、「ほめる達人」西村貴好さんの講演メモです。
MH900441870

(1)大事なのは「できているか、できてないか」
セミナーや勉強会で「ハイハイ、それ知ってる」と思ったとたんに
一生懸命聞くのをやめてしまったこと、ありませんか?
それ、できてますか?知ってるだけじゃないですか?

(2)自分に置き換えて考えてみよう
学びの場面で
「えー、でもわたし○○じゃないし」って思ってそこでストップしない。
例)わたし、ワーキングマザーじゃないし
例)わたし、学生じゃないし などなど
自分に関係ないと一見おもえることも、自分に置き換えて考えることで
コロンブスの卵がみつかるかも?
自分に直接活かせなくても、身近な人に役立てることかもしれない。

(3)言葉の3Dをやめよう
「でも」「だって」「どうせ」
この3つの言葉を封印することで、もっと成長できるはず。

わたしは(1)の「知ってるだけじゃないですか」にズキンときました。
情報、ノウハウおたくなところがあるので「知ってますから~」ってなりがち。
出来てるかどうかでいえば、出来ていないのに・・・。
MH900320000あおむしの成長は、あおむしが蝶になること。
あおむしが1センチ伸びたところでそれは「成長」したとは言わない。
葉っぱだけの世界にいたあおむしが、さなぎになって、枝にぶらさがって、
蝶になって、空からいろんなものをみることが成長。
視点を自由に持つことが成長。

という例えに納得しました。

斜に構えてた自分を反省。もっと素直に柔軟になります。 

こんにちは、中島由佳です。

MH900423029

朝時間、活用していますか?
わたしは・・・・
「よっしゃーがんばるぞ」の時期と「もういい、眠い」のくりかえし。
そしてできない自分を責めて、「なにかヒントはないかしら?」と本屋さんに行く(笑)

今日は、「PHP研究所編 朝に強い女性になるカンタン習慣」に書いてあった
「朝5分でできること」リストのなかから、試してみたい3つのことをメモ


・パソコンのショートカットキーを毎日2つずつ意識して使っていく

・ちょっとした体操でスリムになる
(ラジオ体操だと1回で約20キロカロリー 体脂肪にすると約3.3グラムの燃焼 一ヶ月で100グラムの減量)

・毎日の服装をデジカメで撮っておいて、コーディネイト図鑑を作る。
着回しパターンを工夫するうちにファッションセンスも磨けるし買い物上手になる


たった5分でも塵も積もれば山となる!ですよね。

継続しなくてもいいんです。挑戦することが大事(と、自分に言い聞かせてみる)
もしよかったら、朝時間を有効に過ごしてるあなたの工夫、挑戦中のチリツモ、教えてください。

↑このページのトップヘ