ものさしノート

2LDK(50㎡)の賃貸マンションで子育て中の転勤族。理想は「半日で引っ越し準備完了」のシンプルライフ。

2015年01月

こんにちは、中島由佳です。

行きたくないお誘いを断ろうか迷う時
それはやりたくない!と思う時
このひととは距離を置きたいと思っちゃった時
やめてほしいけどそうは言えない時
やってみたいことがあるけど勇気がでない時
いろんなことをないがしろにしてるような気がする時

そんなときに自分を奮い立たせるおまじないの言葉があります。


平成22年現在、女性の平均余命は86才」です
(ロマンチックじゃないけど)

わたしの大事にしたいもの、大事にしたいことを
しっかり大切にしなくちゃいけないんじゃない?と思うこのごろです。

ではまた!
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

こんにちは、中島由佳です。

2011年の夏にシンプルクローゼットを目指して洋服のオーガナイズをしました。
その時に役に立った3つのことをおすそわけです、


(1)衣類の手放し先をツーハンズにしてみた。

こちらの本に載っていたツーハンズ(衣類のリサイクル会社)を利用してみました。

・まだ着られる洋服を捨てるのはいやだ
・でも、なんかリサイクルショップって行ったことないからちょっとコワイ
などと、もじもじしていたけれど
送料無料&オールシーズンの衣類がOKと書いてあったので、利用しやすかったです。

これには、もうひとつおまけがあって、モノを手放すのが苦手なうちの主人に
「洋服で募金ができるんだよ」と言ったら喜んで衣類を分類はじめたこと。
「だれかのために!」だったら、手放すことができるひともいるんだなーとおもいました。

ツーハンズさんのHPはこちら→(クリック)
https://www.two-hands.net/

(2)1シーズンに何パターン洋服があればいいのか?って冷静に考えてみた。


わたしの生活パターンとして、同じ方に月に何度も会うようなことないので
「由佳ちゃんいつも同じ服・・・」みたいなことがないのです。(ちょっとさみしい理由ですが)
「別にそんなにたくさん洋服なくてもいいんじゃ???」って思えたので
バーゲンとかにも燃えないし、それよりも「いまあるものをどうやって活かすか」」に心を砕くのが
おもしろくなってきました。

(3)迷っている服は、とにかく「着て」みて自分に「聞く」
ことにした。

前回整理した時に迷って「来年に持ち越しだ」とおもった洋服を着て外に出てみました。
去年の着なかった洋服・・・今年着るかなどうかな?
「この服で、○○(イオンでもスーパーでも同窓会でもどこでもいいです、自分が判断しやすいシーンで)へ行ける?どう?」って思ったときに
「これでは行けない・・・はずかしい」って思ったのものは、あっさり手放せました。
今年のわたしに似合うもの、似合う格好をしたい!って思いました。

というわけで、まだまだおしゃれとかにはほど遠いわたしですが、それでも当社比で、シンプルクローゼットになりつつあります。服ってたくさんあっても着る洋服って偏ってきちゃう。だったら「ださい着回しより素敵なワンパターン」(2014年ズギューンときた名言です)のほうがいいなと思うこのごろです。

ではまた!

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

こんにちは 中島由佳です。
先日読んだ本の中で、ちょっと興味深い一節があったので、おすそわけです。
(この本・・・捨てろ捨てろと書いていたので、オーガナイザー的には「むーん」と思うところもないではないのですが・・・)


持ち物の中で「もうこれは手放してもいいかなあ」と悩むものは、たいてい次の引っ越しまで持ち越してしまう。
(引越は荷物整理のチャンス「3回引っ越せば、1回火事にあうのと同じ」ということわざがあるそうです。ドイツの方の本なので、たぶんドイツのことわざだと思います。ネットでは調べられなかったのですが)

なぜ、ひとは次の引っ越しまで、いま必要でないものを持ち続けるのでしょうかね(自分に対して言いたい!)ひとによっては、新居にも持って行ってしまうこともあるし。

わたしが目指すシンプルライフは、物質的なものもそうだけど、精神的にもっとシンプルになりたいと思っています。そのためにも、自分の価値観や持ち物を吟味することはとても必要なことだなあと、思うこのごろです。

ではではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

こんにちは、中島由佳です。

片付けに疲れたり飽きたりした時におすすめなのが
妄想からはじめるお片付け

パターンA
「急に夫の転勤が決まりました。猶予は1週間です!そして今回からは、引っ越し費用は本人負担です(会社負担だったら、なんとなく要らないモノも次の家に持って行ってしまう)さてどうする?」

パターンB
「お母さんになることがわかりました。子供ができたら、家の片づけもそれほど時間がとれなくなるかもしれない・・・あと安全対策も必要!もっと部屋を整えようではありませんか、がんばれ自分」

パターンC

「豪華客船の旅に出ます、数ヶ月暮らすのに必要な荷物は?何を持っていく?」

これをすると、迷っていたモノもジャッジしやすく、「分ける」も進むんですよねー。

妄想が好きな方にはおすすめのお片付け方法です。ぜひ試してみてくださいね~。

それではまた!

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

こんにちは、中島由佳です。

妊娠がわかってから出産までたくさん本を読んだのですが
そのなかで3冊選ぶとしたらこの本だな、というのをおすすめしてみます。

お友達がプレゼントしてくれた本
これが一冊あると、「いま、気をつけること」とか、ちょっと不安になった時に調べることができて便利。
(ネットで調べていくとどんどん不安が増すばかりなので
まずは病院で相談、どうしても下調べしたかったら書籍で、というのがいいと思う)
 
「もしも家にいるときに間に合わなくて産まれちゃったら」というページが具体的で、
付箋を貼ってましたが、お世話にならなくてよかった(笑)

赤ちゃんとの1日のスケジュールをイメトレ用によかった本。
しかし理想のネントレ(ねんねトレーニング)は、できず自己流になってしまったけれど、
赤ちゃんの睡眠メカニズムなど勉強になります。
しかしとっても読みにくい。
産後の頭のはたらかない時にはむいてないので、産前にぜひ。

「妊婦はスルー力をきたえよう」という言葉に納得。 
いろんな人に言われる(善意の)いろんなことに、いちいち怒ったり気にしたりしていたので・・・。

妊婦さんの参考になればいいな。

では! 

↑このページのトップヘ