こんにちは 中島由佳です。
先日読んだ本の中で、ちょっと興味深い一節があったので、おすそわけです。
(この本・・・捨てろ捨てろと書いていたので、オーガナイザー的には「むーん」と思うところもないではないのですが・・・)


持ち物の中で「もうこれは手放してもいいかなあ」と悩むものは、たいてい次の引っ越しまで持ち越してしまう。
(引越は荷物整理のチャンス「3回引っ越せば、1回火事にあうのと同じ」ということわざがあるそうです。ドイツの方の本なので、たぶんドイツのことわざだと思います。ネットでは調べられなかったのですが)

なぜ、ひとは次の引っ越しまで、いま必要でないものを持ち続けるのでしょうかね(自分に対して言いたい!)ひとによっては、新居にも持って行ってしまうこともあるし。

わたしが目指すシンプルライフは、物質的なものもそうだけど、精神的にもっとシンプルになりたいと思っています。そのためにも、自分の価値観や持ち物を吟味することはとても必要なことだなあと、思うこのごろです。

ではではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村