こんにちは
岡山在住のライフオーガナイザー中島由佳です。


突然ですが・・・・頼まれごと、つらい時ありませんか?
私は、無理して引き受けちゃったりして、あとから、しんどい思いをすることが多かったのですが、あることがきっかけて 

ここまでは大丈夫 ========= これを越えたら、しんどい
のラインを意識することができるようになって楽になりました。
無理した笑顔は、ほんとの笑顔じゃないな、と思えたので、引き受けられない時は、調整、交渉をするようにしています。

・元気な時は、いつものラインを少し越えちゃっても大丈夫
・しんどい時は、いつものラインより手前でも引き受けない

と、ラインはいつも同じところになくてもいいと思うことで「前回引き受けたから、今回も」がなくなりました。

境界線、ということでいうと、モノを持つことに関しても、「自分が管理できるのはどれくらいの量か」の境界線を意識してモノを増やさないようにしています。

2015年5月現在でいうと、バスタオルは4枚 フェイスタオルは2枚 が私にとって、ちょうどいい感じですが、雨とかで乾かなくて困る時もあるので、予備を別の場所に保管しておいて「毎日つかうもの」と「予備」を混在させないようにしています。

ちなみに靴は、6足がベストなかんじです。
できればもっと欲しいけれど、きっと管理できないと思うので「せっかく買ったのに履いてないな・・・」なんて、残念な気持ちにならないように7足以上増やさないようにしています。

2013年7月のクーリエジャポンで読んだのですが
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 09月号 [雑誌]/講談社
¥780
Amazon.co.jp
主婦のストレスホルモンは、所有するモノの管理に時間を取られているときに急増する
そうです。
管理できる量まで調整すること、って、心の平和を保つにも有効なんですね。

どれくらいだったら大丈夫かの見極めは大変だし、持ちすぎてるモノをどうやって手放すか、処分するかを決めるのも心が痛むけれど、自分が主役の暮らし(モノが主役になっちゃってる時もある)に、すこしずつシフトしていければいいな、と心から思います。

それではまた!

【お知らせ】
ライフオーガナイザー入門講座6月14日(日)に岡山開催決定!詳細はこちらをクリック 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村