ものさしノート

2LDK(50㎡)の賃貸マンションで子育て中の転勤族。理想は「半日で引っ越し準備完了」のシンプルライフ。

おすすめ本

こんにちは、中島由佳です。

昨日に引き続き、ガツンときた本の、心にのこったことを(この本をおすすめしてくれたのは、東條真紀さん
記事→【読書メモ】いつ死んでも後悔する生き方


アマゾンの紹介より抜粋===

人は必ず死ぬとしても、誰もが平均寿命ぐらいは生き、家族に見守られ、穏やかに旅立っていけると思っている。でもそんなことはない。明日、事故に遭うかもしれないし、病気で余命わずかと宣告されるかもしれない。

著者は、突然に死に直面して混乱し、後悔を残したまま最期を迎える患者さんを多く看取ってきた。
なんとかしたい、少しでも満ち足りた気持ちで旅立ってほしい――そんな想いに突き動かされ、幸せとは何か、今をどう生きるかを問う。若き外科医による、熱く清新なる「メメント モリ(死を想え)」。

===抜粋おわり

この本の中で、元京セラの稲盛さんは、長期の経営計画をたてなかったと知り、おどろきました。

ぐっときたメモ
 稲盛氏は、自ら「期限は今日まで」と決めて一日一日を必死に働いてきたのでしょう。もちろん頭のどこかに長期的な視野があったのでしょうが、あえて期限は今日までと決めることによって、やるべきことと優先順位が明確化し、しかも頑張れたのだと思います(中略)

わたしたちの一生も同じではないでしょうか。
明日が〆切だとしたら、今日なにをしますか?来月〆切だとしたら? 

 わたしは長期的な目標をたてるのが好き(というとなんかかっこいい感じがするけれど・・・)で、何歳になったらこれをやろう、何歳になったらどこへ行こうとか、常に妄想気味なのですが、明日が確実にくる保証なんてどこにもないんですよね。

だからといって、いますぐ○○行きのチケットを買うとかじゃないんだけれど、できるだけ今日を〆切にして、確実にかたをつけていくようにしようと、思いました。

本の中に「もし一年後にあるけなくなるとしたら、この一年でどこに行きますか?」という質問があって、そこにリストアップした場所も、行けるようにしようと思いました。不思議と新しくどこかに行きたい、何かを見たいという場所じゃなくて、慣れ親しんだ場所、思い出のある場所ばかりでした。

Hour Glass
Hour Glass / Ömer Ünlü



わたしは、先送り大好きなだらしないところもあるけれど、それでもできる範囲できちんとしまいをつけていこう、いつ死んでも後悔するように情熱をもって、やりたいことに取り組んでいこう、そして、最初から心のシャッターをガラガラドシャンとしめて人に対応するのは止めよう、なにより家族をもっと大事にしよう、と背筋がのびた本でした。

この本には関係ないけど、坂爪さんの文章も背筋が伸びます(&勇気がわきでてきます)


sa1


sa


大好きな人に大好きだと伝え続けます。

ではまた!


■講座のご案内■

11月29日(日)岡山(南区)ふれあいセンター
ライフオーガナイザー入門講座
暑くもなく寒くもなく、お片付けに最適のシーズンの秋!身の回りを気持ちのいい空間に整え、暮らしをラクにする仕組みを作るライフオーガナイズの基本について学びませんか。
お申込み・詳細はこちらをクリック

■やりたいことをあきらめない!お母さんのための時間整理術(準備中)
手帳術、ライフオーガナイズ、GTDなどの整理術の中から、育児中でもこれならできる!効果がある!と実感できた時間整理ワザをお伝えします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

こんにちは、中島由佳です。

今日ガツンときた本(おすすめしてくれたのは、東條真紀さん


アマゾンの紹介より抜粋===

人は必ず死ぬとしても、誰もが平均寿命ぐらいは生き、家族に見守られ、穏やかに旅立っていけると思っている。でもそんなことはない。明日、事故に遭うかもしれないし、病気で余命わずかと宣告されるかもしれない。

著者は、突然に死に直面して混乱し、後悔を残したまま最期を迎える患者さんを多く看取ってきた。
なんとかしたい、少しでも満ち足りた気持ちで旅立ってほしい――そんな想いに突き動かされ、幸せとは何か、今をどう生きるかを問う。若き外科医による、熱く清新なる「メメント モリ(死を想え)」。

===抜粋おわり

読んだ後にいてもたってもいられなくなって、すぐにやりかけの家事をやり終えました(え、そこ?とか言わないで・・・)

こういうジャンルの文章を読む機会があるたびに、死って遠いところにあるように思うけど(思いたい、のほうが近いかも)、そうじゃない、と思いしらされます。

Candlelight
Candlelight / sayot

ぐっときたメモ
 「人は生きたように死んでいく」(中略)
一生涯をかけて誰も愛してこなかった人、誰にも本気で尽くしてこなかったひと。そういう人は残念ながら誰からも付き添われず、病院のベッドでひっそりと淋しい最期を迎えます。
それとは対照的に、たくさんの人を愛して、たくさんの人を慈しみ、お世話をした人の最期とはどんなものか。
(中略)
私たち医師や看護師は、薬剤を使って痛みをとり、いろいろな手段で「ソフトランデイング」を目指します。でも、最後を迎える人に寄り添い、手を握り、涙を流して「ありがとう」と言う人の代わりはできません。だから日ごろからご家族や友人など、大切な人との関係をはぐくんでいただきたいと思うのです。 

ここ2年ほど、意識的に人付き合いを避けていたというか最小限にしていたのですが、そういう態度を反省しました。たしかに面倒なこともあるし、面倒な人もいる(わたしにとって、って意味です)でも、最初から人とかかわらないようにしようとするのは、なんかおかしくない?私、ってふりかえることができました。

 「いつ死んでも後悔するように生きる」(中略)
今、中断したら後悔するでしょうか。しないでしょうか。
もし後悔しないとしたら、それはどこかで本気ではないのではないかと思います。
後も先も考えず、今目の前にあるミッションに対して、目いっぱい熱狂して夢中で取り組んでいたら、それが中断したら無念で無念でならないはずなんです。いのちがけでやっていたら、無念で仕方ないはずです。

常々、わたしがいま死んだら、子供の成長を見守ることが出来ないのは無念だけど、それ以外はべつにないかな、なんて思っていて、ハッとしたのは、いま本気で取り組んでいることがないんだな、と。
これもいろいろ言い訳しながら、無意識のうちに避けてたんだなと思いました。そしてやってみよう!と。

ほかにもいろいろとわが身をふりかえるきっかけがたくさんありました。
いつなにが起こるかわからないからこそ、やりたいことをやろう、会いたい人に会いに行こう、大事な人との時間をもっともっと慈しもうと思いました。

あと、わたしが家族にできることは、家の中を気持ち良い空間に整えること、これに尽きるなと思い、家事や収納、仕組み作りももっとカイゼンしていこうと決意しました。最近、片づけも家事も「なんだかな・・・」だったのですが、その先にある見たい景色が見えてよかったし、それ以外のことでも「この先どうしようかな」と気力がわかなかったのですが、ほんとこのタイミングで読めてよかった、と思える本でした。言いたいことがうまくまとまらなくてもどかしいのですが・・・

ではまた!


■講座のご案内■

11月29日(日)岡山(南区)ふれあいセンター
ライフオーガナイザー入門講座
暑くもなく寒くもなく、お片付けに最適のシーズンの秋!身の回りを気持ちのいい空間に整え、暮らしをラクにする仕組みを作るライフオーガナイズの基本について学びませんか。
お申込み・詳細はこちらをクリック

■やりたいことをあきらめない!お母さんのための時間整理術(準備中)
手帳術、ライフオーガナイズ、GTDなどの整理術の中から、育児中でもこれならできる!効果がある!と実感できた時間整理ワザをお伝えします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

こんにちは
岡山在住のライフオーガナイザー、中島由佳です。


シンプルライフ推しの本かと思ったらぜんぜん違ってて、しかも夢中で読んだこれ


ストレングスファインダーという自分の強みを知るテストがあるのですが

そのストレングスファインダーの進化版「ストロングライフテスト」のテストがついています。自分の才能を知りその活かし方を教えてくれるテストでこの「ストロングライフテスト」では

・相談役 的確かつ有益なするどいアドバイスができる人
・世話役 面倒見がよく、まんべんなく周囲に気配りができる人
・顔つなぎ役 幅広いネットワークを持ち、人と人を結び付けられる人
・創始者 誰にもまねできないクリエイティブな発想ができる人
・調整者 正義を尊び公平なジャッジができる人
・影響者 カリスマ性があり思い通りに人を動かすことができる人
・扇動者 人を元気づけて、やる気を引き出してあげられる人
・開拓者 リスクをおそれず新しい分野を開拓できる人
・教師 教え上手でどんなことでも学びの場に変えられる人

のそれぞれのタイプにわかれます。(ストレングスファインダーみたいにWEBのテストではなく、本の中にチェックテストがあって簡単にできるます)

ほんとに簡単なテストなので「こんな簡単な質問で、わたしの何がわかるの・・・」ぐらいに思っていたのですが、納得!そしてじぶんの強みをいかした「人生の役割」のヒントがわかりやすく書かれています。

この本のなかでハッときた
「大してほしくないものを手にするために もがくことこそ間違っているのである」

の言葉を手帳に書き留めておこうと思います。

ではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

こんにちは
岡山在住のライフオーガナイザー、中島由佳です。

今日は朝イチにコンビニへいってこういうのを買ってきました。
r1

高知市内のホテル・旅館等への宿泊の際にお得に利用することが出来るプレミアム旅行券「龍馬のふるさと旅行券」で、五千円で一万円分使えるというもの。すごい!太っ腹。高知へ旅行で行かれる方はぜひぜひ利用してみてください。 詳細はこちら

ところで、わたしだけかもしれませんが、集中ってむずかしくないですか?
わたし、なにかをやってても、ほかのことが気になって、そっちにいっちゃったり、ちょっとその場から離れると(トイレとか電話が鳴ったとか宅急便とか)何をやってたか忘れちゃったりします。

片付けてても、ほかのことが気になって気が付けば別のことしてたりすることもしばしば。「どうしたものやら」と思っていたら、以前ご紹介したこの本に、おもしろいアイディアが載っていました。

「ここを片付けるぞ!」と決めて(ここのエリア、とか、ここのひきだし一個分とか)作業に入っても、なんかで忘れちゃったりどこをやっているかわからなくなったりする人は

立ち入り禁止

立ち入り禁止 / isado


カラーテープで現場のようにマークしちゃう!!

(こういうテープって売っているのですね!「立ち入り禁止・テープ」とかで検索するとでてきます)そうするとやるべきことに集中しやすいとのことでした。

わざわざこのテープかわなくてもマスキングテープで囲って、遊び感覚で取り入れてみるのもよさそうです。衣替えでクローゼットまわりを整理するときに、洋服とハンガーを囲って、その中から選別してみようかな。

ではまた!


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

こんにちは。
岡山在住のライフオーガナイザー、中島由佳です。

読書時間
読書時間 / yosshi

好きな本、読んで感動する本はたくさんあるけど、読んだ後にすごく興奮して焦燥感にかられたのは、この本が不動のナンバーワンです。


ちきりんさんがおすすめしてたなー

と思ってなんとなく図書館で手に取ってみたのですが、ほんとすごい
→記事「勝つこと」と「勝ち続ける」こと


ふせんだらけになりました。「やべえ、このままじゃダメじゃんわたし」みたいな焦燥感。

ゲームには興味なかったし(それどころか、ゲームなんて時間泥棒だと思ってた)ゲームの世界でプロがいるというのも知らなくて、びっくりしたけど、この方の考え方、仕事術は、いろんな業種に応用できるし、とてもだいじな本質だと思いました。

あと価値観ってほんとみんな違うんだよなーとか、「そうそう、それわたしもわかる」と共感できるところもあって、読んでよかったなーと思う本でした。

ほんと表現力がすごい。わたしの過去の苦かった思い出をびしっと言語化してくれてたところは、読んでてスカッとしたし「だからそうだったんだよね」と納得できました(意味わかんなくてすみません)


ぐっときたメモ

この年になってはじめて、みんながみんな同じ気持ちでゲームと向き合う必要がないことに気付いたのだ。自分は他人と違い、違うからこそ人生は面白い。

昔は感情の振れ幅が大きい人生に憧れていた。
すごく楽しいことがあり、その楽しさを手にするためにすごく苦しいことを我慢する。そういう人生が格好いいと思ったし、そんな人生を送っている人が偉いと思っていた。けれどそんな人生は疲れるだけだと気が付いた。

自分を痛めつけることと努力することはぜんぜん違う(中略)間違った努力は強迫観念をも生んでしまう。

いつか必ず訪れるその日を信じて待つこと、そして目的と目標を明確に分けて、日々の生活・成長にすこしずつの幸せをみつけること。そのようにいられる今日の生活を、ぼくは1日1日かみしめるように生きている。

(メモここまで)

#dreaming
#dreaming / b_lumenkraft

わたしもちゃんと生きよう、
目の前のことをしっかり見つめようと思います。なんかこのごろ、こんなことばっかり考えています。

ではまた!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ